ある程度年齢を重ねると、頭髪が寂しくなる人は多くいますよね。
でも若い頃から…これって、どうしてそんなことが起こってしまうんでしょうか。

 

若ハゲって?

 

50代以降の薄毛は老化現象の一環として納得もできますが、20代からの頭髪の後退は?
あまりにも若い頃からの薄毛は、病気として治療することができます。

その他のも、若ハゲ特有の理由というか、若さゆえの過ちと言うものが原因になるものもあります。
仲間内で同じような生活を送っているのに自分だけ…そんなこともありますよね。

通常の加齢によるハゲと違い、若ハゲはその原因を改善することで進行を止めることも、
また、毛が復活することもあります。

では、どんな原因があるのかみてみましょう。

 

原因は?

 

若ハゲの原因であげられるのが「遺伝」「頭皮環境」「栄養不足」の3点です。
そのうちの「遺伝」に関しては、正直手のうちようがありません。
今ある毛を少しでも大切にしてくださいとしかいいようがないです。

その他2点に関しては、気をつければ改善できるものですね。

頭皮環境とは、シャンプーによって改善できます。
毛穴の汚れをしっかりと落とすようなシャンプーの方法や、肌状態に合うシャンプー剤を使うなど、
頭皮が清潔で必要な潤いがある状態であれば、毛根も活性化して毛にもいい影響がでます。

栄養不足とは、頭皮環境によっても起こりますが、食事睡眠などが大きく影響します。
偏った食事や不規則な生活は、頭皮だけでなく体全体に悪影響を及ぼします。
睡眠不足はストレスを生み、ストレスによる影響もまた体にはよくありません。

これらを踏まえた上で、普段の生活で気をつけておきたいポイントがこちらです。

 

普段から気をつけたいポイントは?

洗顔剤やボディソープが合わなくて肌が荒れた経験がある人は、
肌が敏感な可能性があるので、特にシャンプーの成分には注意しましょう。
また、しっかり洗えばいいと思って、必要以上にガシガシとこするのもやめましょう。
そうすることで肌が傷つき、毛根の働きも阻害してしまいます。

プロが教える正しいシャンプー法がこちらです。

シャンプーで重要なのは、その洗浄力よりもその後のすすぎです。
十二分にすすぐことで、頭皮に洗剤が残らないので雑菌が増えることもなく、
臭いやヌメリの改善にもなり、頭皮も清潔に保たれます。

睡眠不足の解消には寝るのが一番ですが、ただ寝ればいいというものではありません。
夜10時から深夜2時までの間は、体の修復が行われる大切な時間帯です。
この時間帯に眠ることで、傷ついた頭皮の修復も効率よく行われるので、
覚えておいてください。

 

また、お酒やタバコは体に良くないとわかっていても、我慢もよくありません。
適度に嗜む程度にしておき、普段の食事に積極的に野菜や海藻類を取り込むようにしましょう。
ビタミンやミネラルは、髪の毛の重要な成分の一部です。
しかし喫煙や飲酒で壊れやすい栄養素でもあるので、意識しておきましょう。

色々やってみたけれどあまり改善しないという時は、
AGAという病気の可能性があるので、ぜひ専門医に相談してみてくださいね。