男性の髪の毛が薄くなるのはいろんな原因がありますが、一般的には男性ホルモンに関係あると言われています。

また髪の毛が薄くなるのは人によって個人差がありますし、ハゲの進行具合もそれぞれによって異なります。

私は現在40代で、もともとは23歳でに薄毛が発覚し、24歳の頃にはすでに髪の毛の分け目の薄いのが目立って、センター分けができないほどに進行しました。

今から振り返るとやはり20代の頃の薄毛の進行ペースが最も急だったように思えます。

ガンのような病気に若い頃になってしまうと、ガン細胞の進行が早いと言いますが、そんな感じのようにも、あくまで自分の場合ですが、感じられました。

また30代の頃から、すでに30歳でAGA治療に出合って、治療をしていたというのもありますが、ハゲの進行は緩やかになってきたように感じています。

今反省しているのは、20代の頃にもっと情報を集めてAGA治療と出合うことによって、20代のあの急激な薄毛化を少しでもくいとめられたのではないか、ということです。

私の20代は、主に育毛剤や頭皮マッサージなどに頼った生活で、頭髪の見た目は全く改善しない毎日を過ごしていました。

自分的には育毛関連の本をいろいろ購入して読んだり、情報集めをしているつもりでしたが、まだまだ甘かったのだと思っています。

自分の将来は、今の自分より更にハゲが進行している、という不安は常に自分自身につきまとい、生活がだんだんと楽しくなくなっていきました。