10代や20代のような若さで薄毛の兆候がでるということ。

これはつまりハゲがこのまま進行するということを意味します。

進行のペースが早いひ人もいればゆっくりの人もいます。

進行のペースが遅い人であっても、以前の自分の豊かな髪のボリュームと比較して落ち込みますし、

このまま30代、40代のことを想像すると、あまりも暗い将来なので、何も考えたくなくなります。

そして若くして薄毛になることのデメリットはよりモテなくなるということです。

もちろんスキンヘッドにしてもかっこよくてモテる人は事実存在しますが、そうでない人のほうが多いでしょう。

「将来ハゲ出したら剃るよ」と強気でいう人もいますが、実際に薄毛の当事者になってしまうと、なかなかそんな勇気をもてないでしょう。

仮に坊主にしたところで、似合ってなかったら、それはそれでブルーな気持ちになってしまいます。

話を戻しますが、ハゲが嫌だっていう女性は一定数存在します。

そうでない方もいますが、若くしてはげるということは、そういう人たちから「もてない」という次元ではなく、「当然のように恋愛対象から外される」ということになります。

ですので、禿げるというのは、若くして将来の可能性が狭まるということを意味します。

またモテないということの他にも損することは実はいっぱいあります。

育毛はお金もかかるので、月給が少なく、1人暮らしだったりすると生活苦にもなってしまいます。

精神的にも「俺ははげてるから」と消極的になることがあると、さまざまな可能性の芽を摘み取ってしまうこととなります。